コラム

コラム 詳細

2017年01月30日 (月)人事労務

人事労務TOPICS_201701

 2017年1月

HRプラス社会保険労務士法人

1.雇用保険の適用拡大について

平成28年12月31までは、65歳に達する前から雇用保険に加入し65歳に達した日以後も引き続き雇用されている場合には65歳以上であっても高年齢雇用継続被保険者として雇用保険被保険者となることができました。

平成29年1月1日からは、加入対象ではなかった65歳以上の労働者についても雇用保険の適用対象に該当する場合には雇用保険が適用されることとなりました。

適用拡大により、適用対象にあたる65歳以上の労働者について、雇用保険の資格取得手続きが必要になります。

★例1★
平成2812月末までに雇用し平成2911日以降も継続雇用している場合
→平成2911日より高年齢被保険者となりますので、特例により平成29331日まで
管轄のハローワークに資格取得届を提出します。

図1

 

 

★例2★
平成29年1月1日以降に新たに雇用した場合
雇用した時点から高年齢被保険者となりますので、雇用した日の属する月の翌月10日までに資格取得手続きを行います。

図2

 

 

2.年金の受給資格期間が10年に短縮

平成298月より年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されることになりました。
既に65歳以上で保険料納付済等期間が25年には足りないが10年以上ある場合には、平成298月に年金の受給権が発生します。(遡及はされません)
平成292月から7月までの間に日本年金機構から年金請求書が順次発送される予定です。

 

ページトップへ戻る