コラム

コラム 詳細

2017年09月15日 (金)人事労務

人事労務TOPICS_201709_障害者雇用促進法の改正概要

2017年9

HRプラス社会保険労務士法人

 
1.障害者雇用促進法の改正
法定雇用率の算定基礎対象が変更になります(平成30年4月1日~)
法定雇用率の算定基礎対象に、精神障害者が追加されます。
変更後の算定式は、下記のとおりです。

※経過措置により、当分の間は2.2%(3年を経過する日より前に2.3%とする)

★精神障害者の定義の確認
・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者
・統合失調症、そううつ病又はてんかんにかかっているもの

★求められる対策★
・自社で雇用するべき障害者の人数算出
・自社の業務棚卸し(障害者雇用を検討する場合、任せられる業務は何か、検討)


2
.熱中症予防対策 ~9月に入り、涼しい日も増えましたが引き続き注意が必要です~
熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、
体に熱がこもることで発症します。

屋外だけでなく、室内でなにもしていない状態でも発症することがあり、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。

★熱中症の症状
めまい / 立ちくらみ / 手足のしびれ / 筋肉のこむらがえり / 気分が悪い
・頭痛 / 吐き気 / 嘔吐 / 倦怠感 / 虚脱感 など
・重症化すると 意識消失 / けいれん / からだが熱い など

★求められる対策★
・エアコンの利用や吸湿性・速乾性のある衣服の着用等により体の蓄熱を防ぐ。
・室内でも屋外でも、のどの渇きを感じていなくても、水分・塩分・経口保水液等をこまめに補給する。

 


ご不明点な点は、HR+担当者までお問い合わせください。

ページトップへ戻る