コラム

コラム 詳細

2020年01月10日 (金)コラム

育児休業給付金について②

こんにちは、HRプラス社会保険労務士法人の野村です。前回は育児休業給付金の概要とその支給要件についてお話しさせていただきました。

今回は育児休業給付金の申請と、支給日について解説させていただきます。

◆育児休業給付金の申請の流れ

育児休業給付金の申請には2つのステップがあります。

 

STEP①資格確認・給与登録

まず、育児休業を取得する従業員の受給資格を確認し、賃金日額を算出するための給与を登録します。

 

STEP②育児休業給付金支給申請

支給の申請を行います。

 

この2つのステップを育児休業給付金の初回申請時に行う必要があります。

 

◆初回の申請はいつするの?

育児休業給付金は育児休業開始日から起算した1ヶ月ごとの期間(これらの各期間を支給単位期間といいます)について支給されます。

育児休業給付金の申請は、所得補償の目的から原則として2ヶ月(2支給単位期間)ごとに行います。

 

※平成29年より、1ヶ月(1支給単位期間)ごとに1回の申請への切り替えも可能になりました。

 

初回の申請ではSTEP①の登録を先に行い、育児休業に入って2ヶ月後にSTEP行うこともできますが、

一般的には育児休業に入って2ヶ月後にSTEP①・②をまとめて行います。

 

その際に必要な書類は以下の通りです。

 

・書式 雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書

・書式 育児休業給付受給資格確認票

・書式 (初回)育児休業給付金支給申請書

・賃金台帳、労働者名簿、出勤簿、またはタイムカード

 

〈添付書類〉

・母子健康手帳の写し(出生届出済証明・父母の名前が記載されているページ)

・育児休業給付金を受け取る金融機関受取口座の通帳の写し(銀行名、支店、口座番号、口座名義(フリガナ)のわかるページ)

 

◆初回以降の申請は?

初回申請後も、2ヶ月(2支給単位期間)ごとにSTEP2の支給申請のみを行います。

その際に必要な書類は

・書式 (初回)育児休業給付金支給申請書

・賃金台帳、労働者名簿、出勤簿、またはタイムカード

のみになります。

 

◆さいごに

育児休業給付金は申請してすぐに支給されるものではありません。育児休業に入ってから初めて育児休業給付金を支給されるまでには、およそ2カ月以上かかります。

また、育児休業給付金は原則2カ月分が振り込まれるので、毎月支給があるわけではないことを念頭においておく必要があります。

次回は、育児休業給付金の支給は「いつまで」受けられるのかについて説明させていただきます。

ページトップへ戻る