コラム

2014年1月一覧

2014年01月27日 (月)人事労務

海外ツアー添乗員のみなし労働時間制の適用を最高裁も認めず

労働基準法第38条の2において、「労働者が労働時間の全部又は一部について事業場外で業務に従事した場合において、労働時間を算定し難いときは、原則として、所定労働時間労働したものとみなす」としています。い…

2014年01月20日 (月)人事労務

36協定特別条項訴訟 労働基準監督署と労働組合には過労死の責任なし

2011年に刊行した拙著『泣きたくないなら労働法』(光文社新書)P66において、月に最大200時間の時間外労働が可能となる36協定を認めた労働基準監督署と労働組合の対応は違法だとして裁判を起こした事件…

2014年01月13日 (月)人事労務

定額残業手当の運用は厳格に

2013年12月30日付の東京新聞によると、見込まれる時間外労働手当をあらかじめ賃金に盛り込み支払い済みとする「定額残業手当(固定残業代)」を悪用する事例が、2012年に東京、大阪、愛知、北海道など1…

2014年01月07日 (火)法改正

同性間の言動でもセクハラ、均等法指針を改正(平成26年7月1日施行)

厚生労働省は、平成25年12月24日に、職場のセクシャルハラスメントについて、男女雇用機会均等法の改正指針を公布しました。今回の改正では、同性間の言動もセクハラに該当することが盛り込まれています。たと…

ページトップへ戻る