社労士セミナー・研修

社労士セミナー・研修 詳細

パワハラ法成立緊急開催!『パワハラ関連法の概要と実務対応のポイント』【東京開催】

2019年5月29日、労働施策総合推進法の改正法が成立し、パワハラ防止対策が法制化されました。同法では、パワハラ防止のための雇用管理上の措置義務等に違反し、行政による勧告に従わない場合には企業名が公表されるなど、企業経営において無視できない内容となっています。この法改正も働き方改革実行計画のひとつのテーマに数えられ、ある意味順当にパワハラの法制化がなされたともいえるでしょう。
本講座では、2019年の法改正を踏まえ、実務上のノウハウを交えて、企業側で具体的にどのように対応すればよいかの手順を時系列に沿って、わかりやすく解説致します。

1.労働施策総合推進法改正(2020年4月1日施行予定)の経緯
2.パワハラの法制化により何が変わるのか
3.パワハラの法律的定義
4.「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」報告書
5.パワハラ指針では何が定められる予定か
6.対応手順① 事実調査の実施
7.対応手順② 事実認定の方法
8.対応手順③ 事後措置の検討
9.対応手順④ 再発防止策の決定・実施
10.質疑応答/名刺交換

開催日 2019年09月18日(水) 14:00~17:00
会 場紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F
受講料1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
主催株式会社新社会システム総合研究所
参加人数
その他
資料

ページトップへ戻る