社労士セミナー・研修

社労士セミナー・研修 詳細

同一労働同一賃金への 対応と検討の進め方セミナー【東京開催】

いよいよ2020年4月1日より、パートタイム有期労働法が施行され、いわゆる「同一労働同一賃金ガイドライン」の
適用がスタートします。
これにより、短時間労働者や有期雇用労働者、派遣労働者と通常の労働者(正社員)との間で不合理な待遇差の解消が
必要となり、人事労務パーソンには難しい対応が求められることになります。
本セミナーでは、パートタイム有期労働法のポイントと「同一労働同一賃金」が必要とされる背景や基本的事項を、
まずはしっかりとおさえます。その上で、雇用区分間ごとに従業員に対する不合理な待遇差を解消するための検討手順や、
人事制度や就業規則を変更する際に、具体的にどうすればよいのか、どのような点に注意すべきか等について、詳細かつ
具体的に解説します。
現役の特定社会保険労務士が丁寧に解説し、課題・疑問にお答えしますので、「同一労働同一賃金」への対策を万全に
しておきたいご担当者の方へぜひおすすめしたい充実した内容です。

開催日 2019年10月30日(水) 10:00~17:00
会 場日本能率協会 研修室(東京都 港区 芝公園)
受講料一般社団法人日本能率協会法人会員 51,000円/1名
会員外              62,000円/1名
主催一般社団法人日本能率協会
参加人数
その他
資料

ページトップへ戻る