社労士セミナー・研修

社労士セミナー・研修 詳細

上場準備会社に求められる人事労務の実務 -上場審査と労務リスク回避のポイント-【東京開催】

2020年は102社、2021年5月末時点で35社が東証に新規上場しています。
IPOのメリットとしては、一般的に、企業の認知度・信用力の向上、
資金調達や人材採用の優位性確保等が挙げられています。

一方、コーポレートガバナンスコードの冒頭に記載されている通り、
上場企業は、株主をはじめ、顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、
透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行い、
適時に情報開示を維持できる体制を維持しなければなりません。

当法人では、 IPO後の企業経営の在り方やマネジメントとしての心構えに重点を置き、
IPOを検討・想定している企業の方々に加え、
IPOをサポートする監査法人の方々も対象にプログラム構成しました。

開催日 2021年12月08日(水) 14:30~16:00
会 場東京金融ビレッジ(東京都千代田区大手町1-9-7 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー5階)
受講料●会 員 無料(法人会員は1口につき各回3名まで無料、超過人数1名につき各回3,000円)
●非会員 各回10,000円(事前振込制、申込後に請求情報をメールいたします)
主催一般財団法人会計教育研修機構 役員・実務家研修グループ
参加人数
その他
資料

ページトップへ戻る