社労士セミナー・研修

社労士セミナー・研修 詳細

人事労務担当者がおさえておきたい 『問題社員』対応の実務ポイント【東京開催】

長期雇用システムを前提とした雇用慣行によって醸成されてきた解雇規制と、職場で企業秩序を乱す問題社員の狭間に置かれ、経営者や人事マンたちは日々苦悩し疲弊しています。最近ではマスコミやメディアによって「ブラック企業」という言葉ばかりが取りざたされ、問題社員の権利意識、権利主張が強まるばかりです。
本講座では、問題社員を類型化しその向き合い方について詳説していきます。

1.問題社員との向き合い方
2.協調性がなく自分勝手に職場を混乱させる社員への対策
3.著しい能力不足で手におえない社員への対策
4.やる気のない勤怠不良・職務怠慢社員への対策
5.セクハラやパワハラを繰り返す社員への対策
6.メンタル不調で欠勤や業務効率の低下が続く社員への対策
7.転勤や出向などの配置転換を拒否する社員への対策
8.残業代目当てにだらだらと残業を続ける社員への対策
9.質疑応答

開催日 2014年06月09日(月) PM1:30 ~ PM4:30
会 場企業研究会セミナールーム(東京・紀尾井町)
受講料会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)
主催 一般社団法人 企業研究会
参加人数
その他
資料

ページトップへ戻る