事業内容

人事制度設計コンサルティング

人事制度設計の目指すもの

貴社に相応しい人事制度を設計し、高い社員満足度に支えられた競争力の高い組織を実現する。

 人事制度は会社から社員に対するメッセージです。会社が「経営理念」の実現をさせるとともに、高い組織力を持って成長していくためには「どのような人材が必要なのか。そして各社員にどのような能力や役割、行動を期待するのか」を明確にし、社員のモチベーションを高め、その成長を促進していかなければなりません。そして同時に、そうしたやる気のある社員に「貢献度に見合った処遇」を実現することが大切です。
 以下の各分野を整備(すでに制度のある会社は再構築)し、社員のみなさまが安心して働き、自身の成長が喜びとなるような職場を実現することで、企業の競争力の向上を目指します。

1.等級制度
 の構築
2.報酬制度
 の構築
3.人事評価
 の構築
実施項目実施内容設計例
1.
等級制度の構築
今後の事業運営に必要な人材とそのキャリアパスを明確化し、各レベルの社員への期待事項を明示する。
今後の期待人材像を明確化し等級制度の仕組みを作成する。
各等級の基本定義を整備する。
全社共通や職種ごとの基本要件を整備する。
2.
報酬制度の構築
社員一人ひとりの貢献度に見合った賃金の支給を実現する仕組み(賃金表・昇給ルールなど)を作成する。
等級別に基本給水準の設定を行う。
諸手当の再構築を実施する。
新制度への移行調整措置を検討する。
3.
人事評価制度の構築
1.で作成した各等級の期待事項に基づき人事評価を実施し、制度運用が安定的に行われるようにする。
等級ごとの期待事項を人事評価へ展開する。
社員のキャリア選択のための仕組みを用意し、昇格のための要件整備およびその審査方法を決定する。
人事評価者の考課研修を行う。

ページトップへ戻る