社労士トラブルQ&A

社労士トラブルQ&A 詳細

22.ヘッドハンティングした営業部長の能力が期待外れ、解雇できるか

人材紹介会社から本社営業部のテコ入れのため、元大手企業のマーケティング部長を営業部長として迎え入れました。海外などに様々なコネクションを持っており、販路拡大に向けた仕事ぶりを期待していたのですが、最初に営業戦略の青写真である企画書を提出したきり何の沙汰もありません。一応役員相当の待遇ですので自由にはさせているのですが、海外の担当者とやりとりしている形跡もなく、ここ半年で当初の約束の最低ラインである5000万円以上の契約の受注もありません。周囲の社員からは別の仕事をフリーで請け負っているとの噂まで立っています。解雇したいのですが、問題ありますでしょうか?

まず、本人の能力からどれだけの売上げ(実績)が可能かを明確にし、採用面接時に目標の数字などを念書として残しておくことで「特約付き労働契約」となります。その上で、目標を大きく下回り、しかも指導しても改善の余地がない場合は解雇が認められやすくなります。

ページトップへ戻る