社労士トラブルQ&A

社労士トラブルQ&A 詳細

41.ダラダラ残業が多いので残業許可制にしたい

部門全体でも個人レベルでも業務量がたいしてないにもかかわらず、ダラダラと社内に残り続けて残業している社員が少なくありません。しかも、最近入社した社員の多くがそれに引き摺られて残業するようになっています。ここで、必要な残業なのか不必要に居残っているだけなのかけじめを付けさせるため、残業を一律に「許可制」にしたいと考えています。上司に残業を申請し、許可を得た者だけに残業を認める仕組みです。何か法的に問題があるでしょうか?

就業規則などに規定することが前提ですが、残業を許可制にすれば業務量が適正なもので、上司からの残業指示もなく、本人の勝手な判断による残業を黙認していなければ、企業側はそれらの社員に残業手当を支払わなくても一向に構いません。ただし、残業時間の過少申告が懸念されることから、制度導入の狙いを明確にして周知し、例えば労働時間削減などの目的に向けた具体的なアクションが必要になります。

ページトップへ戻る